当前位置: 御宅族之家 > 御宅族推荐 > 正文

日本社会的“不宽容”,会蔓延到什么程度?

2019-03-04 01:27 19

不寛容さは会社内でも波紋を呼んでいるという。パワハラ、セクハラ、モラハラ、アルハラ、マタハラなど、ハラスメントが蔓延中。

不宽容即便是在公司里,也会引发各种问题。职权骚扰、性骚扰、精神虐待、酒精骚扰、孕妇/产妇所受的骚扰等,各种类型的骚扰正在无限蔓延。

中でも、職場におけるハラスメント問題は深刻だ。いつもの何気ない会話のつもりが、加害者にも、被害者にもなりうる可能性があるのだ。

其中,职场中的骚扰问题尤其严重。看似只是普通的聊天,但谁都有可能成为加害者和被害者。

例えば、上司が部下に「この前の休み、何してたの?」「髪切ったの、似合うね」などという会話すらも、口に出さない方が無難と思われているのが今のオフィスの状況。そこまで気にする必要ってありますか?

譬如,上司问下属:“休息天干什么了?”“换发型了吗?很适合你啊”这样的内容,在现在的办公室里都要小心被当作职权骚扰,所以大家都选择不再开口进行交流。那到底有没有必要小心谨慎到这种程度呢?

社内のパワハラ、セクハラ疑惑に対しては、それぞれこんな意見が。

对于公司里的职权骚扰、性骚扰的疑虑,大家都有不同的意见。

「個人情報保護法もあるから、プライベートな質問は当然NG。容姿に触れるのもセクハラでしょ」(45才・会社員)

“因为现在有保护个人信息的法律,所以涉及到个人隐私的提问当然是NG的。容貌相关的提问也属于性骚扰吧”。(45岁 公司职员)

一方でこんな見方も。

另一方面,也这样的见解。

「社会人として日常会話は必要。あまりにも気にしすぎて社内が窮窟になると、仕事をするのがイヤになりませんか?」(50才・会社員)

“作为社会一员,日常会话是必须的。过于介意这方面的话,会在公司感受到拘束、不自由,那么工作本身也会变得讨厌起来吧?”(50岁 公司职员)

不寛容社会は、日本古来の文化を脅かしてもいる。日本の年越しを象徴する除夜の鐘に存続の危機が。近隣住民から音がうるさいという苦情が相次ぎ、自粛する寺が出てきたのだ。

不宽容的社会,也会威胁到日本自古以来的文化。作为日本新年里的迎新送旧象征的除夕夜钟声,它的传承也陷入了危机。近邻的居民接二连三的投诉钟声太吵,因此出现了不在除夕夜侨中的寺庙。

さらに、夏の風物詩でもある風鈴も騒音の対象に。なんともせちがらい世の中。日本の文化も崩壊!?

甚至是作为象征夏天到来的风铃也被当成了噪音被举报。在这个对于任何事物都要斤斤计较的社会,日本的文化是否也会崩溃呢!?

除夜の鐘問題にはこんな声が聞かれた。

关于除夕夜的钟声问题,也有这样不同的意见。

「真夜中に大きな音を出すこと自体が非常識。せっかく寝た子が起きたり、早く寝たい人にも大迷惑」(47才・主婦)

“大半夜里发出巨大声音这件事本身就非常没有常识。好不容易睡着的孩子又被吵醒,对于想早点入睡的人也很困扰。”(47岁 主妇)

「除夜の鐘を聞かないと年を越した気がしない。年に一度なんだから、楽しむ余裕を持ってほしい」(68才・主婦)」

“不听到除夕夜的钟声,感觉就没有过年的气氛。一年只有一次的话,还是希望大家能够带着愉悦的心情来接受”。(68岁 主妇)

欢迎 发表评论:

Copyright © 2018 御宅族之家